車両の総重量で必要な免許が変わる

トラックドライバーは仕事内容によって運転するトラックが異なります。トラックを運転するには普通自動車運転免許が必要ですが、トラックの車種によっては他の免許も持っておく必要があります。車両総重量が5トン未満のトラックであれば、普通自動車運転免許を持っていれば運転が可能です。例えば軽トラックや小型トラックといった車種であれば、普通自動車運転免許を持っているだけで良いでしょう。しかし、車両総重量が5トンを超えると、それ以外に中型自動車運転免許も必要になります。中型自動車運転免許を所持している場合は車両総重量が11トン未満までの車種に乗ることができます。中型トラックを運転する場合には中型自動車運転免許が必須でしょう。大型自動車運転免許を持っていれば積載量や車両総重量の縛りがなくなるので大型トラックも運転できるようになります。

特殊な免許が必要なケースもある

トレーラーのドライバーになりたい場合には、けん引免許も必要になります。けん引免許の取得難易度は高いわけではありませんが、高度な運転技術を必要とします。乗用車では使わないようなドライブテクニックを求められるので、大型トラックの運転で高い技術を身につけた人がけん引免許の資格取得を目指すケースが多いです。運送業界ではフォークリフトを扱うことも多いので、フォークリフト運転技能者という資格を取得する人も多いでしょう。フォークリフト運転技能者の資格を持っていれば、倉庫管理の仕事に就くこともできます。燃料輸送の仕事に必要な資格となるのが、危険物取扱者という資格です。危険物取扱者の資格取得を行えば、安全運転に関する意識も高まります。

観光を満喫したいときは、タクシードライバーの派遣の利用が便利です。観光ガイドもついてゆったりと旅行ができます。