福利厚生はドライバー確保の一環

運送・運輸業界では、慢性的なドライバー不足が続いています。その為、多くの会社では福利厚生を充実させてドライバー確保に努めています。保養所の設置や懇親会の開催など、日頃の労をねぎらう営みに力が注がれるようになりました。手当面でも結婚祝い金や出産一時金、そして扶養手当など充実している会社が増えています。その為、ドライバー求人の選び方として、福利厚生の充実度が一つのポイントとなります。住居に関しては独身寮が用意されていたり、家族用の社宅が備わっていたりします。運送・運輸業界では入居費用が無料だったり、家賃補助が受けられたりするのも魅力です。住居費用は生活費の中で占める割合が多いので、無料や家賃補助は大きなメリットです。

転居費用を負担する会社も

ドライバー求人の中には、地方から上京する求職者に対し、転居費用を負担する会社も存在します。新天地で働く人にとっては、頼もしい福利厚生と言えます。そうした福利厚生は生活面を楽にするだけでなく、精神的にも安心感を与えてくれます。現在、ドライバーの仕事は労働時間も適切に管理されており、休日もしっかり取れます。寮や社宅が完備された会社であれば、浮いた住居費を趣味や貯金に回せるものです。実際、寮や社宅で貯めた資金で、多くのドライバーがマイホームを手に入れています。また、運送業界は特に寮や社宅整備に注力しており、高品質な住環境が提供されています。但し、ドライバー求人の福利厚生の内容は、会社によって大きく異なるものです。住居以外の福利厚生を調べて、自分に適した求人先を探すのが良いと言えます。

トラック運転手の求人は自分の運転資格にマッチしているかが重要です。普通免許対応から大型特殊まで車両は様々です。