ワークライフバランスを維持しやすい

路線バスのように、決まったルートを決まった時間で走行する場合、深夜の走行や長距離運転はなく、残業が極端に増える可能性も低い傾向にあります。高速バスや観光バスのドライバーと比べれば、肉体的、精神的な負荷が比較的軽減されるので、体力にあまり自信がない人でも挑戦しやすく、「せっかくの休日なのに疲れのせいでただ寝るだけになった」というケースも避けられるかもしれません。残業が少なく、仕事が終わるおおよその時間を予測することもできるので、平日にプライベートの時間もきちんと確保することも可能です。また、高速バスや観光バスなどのように、繁忙期によって給与が大幅に上昇することは見込めない代わりに、毎月安定した給与を得ることができるので、将来設計をしやすいという特徴もあります。

やりがいや社会的需要が大きい

露線バスのように、決まったルートを走ってくれる交通インフラは社会にとって欠かせないものです。とりわけ、鉄道が走っていない地域や、高齢者が多い地域では、電車に変わる重要な交通手段として位置づけられています。乗客とのコミュニケーションも少なくない仕事でもあり、地域の人々の役に立てていると実感しながら働けるという環境は、路線バスドライバーの大きな魅力の1つとも言えそうです。また、路線バスのドライバーも年々高齢化が進んできており、新たな担い手のニーズはますます高まってきています。そのため、これから路線バスドライバーになろうと考える人にとっては、複数のバス会社から自分に合ったものを選択できる可能性があることも見逃せないポイントです。

ドライバーの募集の中には、将来性のある有望なドライバー育成を目的として、モータースポーツのドライバーを募集する自動車レース場もあります。